バイヤー

2016/11/07

ターミナル、ファッション業界向けマーケットプレイス「TERMINAL ORDER」にてバーコードを利用した注文機能を提供開始

ターミナル、ファッション業界向けマーケットプレイス「TERMINAL ORDER」にてバーコードを利用した注文機能を提供開始

 ターミナル株式会社が提供している、企業間取引をEC化するためのファッション業界向けマーケットプレイス「TERMINAL ORDER」が提供するスマートフォン向けアプリケーションに、バーコードを利用して注文が可能となる新機能が追加される。2016年11月に開催されるROSEBUDのプレス・関係者向け展示会を皮切りに、年内に200以上のブランドへ機能を提供するという。

「TERMINAL ORDER」サービス概要

 ターミナルオーダーは、売り手である「ブランド・メーカー」と買い手である「バイヤー」の企業間取引をEC化する、ファッション業界向けBtoBマーケットプレイスとして2014年10月よりサービスを開始。紙でのやり取りがメインで業務が煩雑であった、展示会業務の効率化を足がかりに、企業間取引のEC化による事業改善、オンライン上でのブランド情報の認知拡大を支援するオンラインPRなど業務領域を拡大している。サービス提供開始から2年で、現在213ブランド、6,308バイヤーが利用し、2016年10月末日時点で流通総額は150億円を突破している。

 今回の新機能では商品情報が記載された下げ札などに貼られたバーコードを専用のスマートフォンアプリ(iOSおよびAndroid)で読み取るだけで、簡単に商品をカートに追加することができる。すでにバーコードやQRコードでの商品管理をされているブランドであれば、即座に利用ができるようになっている。またバーコード管理をしていないブランドでも、ターミナルオーダーを通じてコードの発行が可能となっている。
 

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!