楽天市場

2016/11/07

楽天、約89億円で爽快ドラックを買収

楽天、約89億円で爽快ドラックを買収

 楽天株式会社(以下、「楽天」)は先月28日、株式会社爽快ドラッグ(以下、「爽快ドラッグ」)の全発行済株式を約89億円で取得すると発表した。
   爽快ドラッグは、生活用品を中心に幅広いジャンルの商品を多数取り扱っており、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーのグランプリを7年連続で受賞するなどEC業界を牽引してきた存在だ。近年ではベビー用品やペット用品などの品揃えを拡充し、ドリンク専門店を切り分けるなど、カテゴリーの強化に取り組んでいた。

昨年にはケンコーコムも完全子会社化

 楽天は2015年秋に、健康食品や医薬品などを扱う通販サイト「ケンコーコム」も完全子会社化しており、これらの動向の背景には、楽天が生活用品や日用品などのジャンルを成長分野と位置づけ、強化していきたいという思惑がある。生活用品や日用品は、その商品の特性上、配送スピードが重要視され、特に型番商品においては商品価格の優位性が重要な購買決定要素となっている。これらの傾向を考慮して、生活用品・日用品のECにおける直販モデルの強化を目指していきたい模様だ。

 尚、楽天は「先般子会社化したケンコーコム株式会社との連携を深め、商品販売の拡充、物流インフラ及びシステムの効率化、人材・ネットワーク・データといった経営リソースの最適化など、事業上のシナジーを早期に実現できると考えている」としている。

カテゴリーごとに学ぶ