マーケティング

2016/10/11

アパレルEC向けサイズレコメンドエンジン「unisize」がオットージャパンが運営する「FABIA」に導入を開始

アパレルEC向けサイズレコメンドエンジン「unisize」がオットージャパンが運営する「FABIA」に導入を開始

 株式会社メイキップは、オットージャパン株式会社が運営するファッションブランド「FABIA(ファビア)」のWebサイトにおいて、メイキップが展開するアパレルEC向けサイズレコメンドエンジン「unisize(ユニサイズ)」の提供を開始すると発表した。

アパレルECサイト向けサイズレコメンドエンジン「unisize」

 unisize(http://makip.co.jp/unisize)はネットで洋服を買うときに、より身体に合ったサイズを推奨するサイズレコメンドエンジンだ。国内外の洋服ブランドを対象とした多量な洋服サイズを有し、入力されたユーザーの身体情報、特徴を元に最適なサイズを推定する独自のアルゴリズムでレコメンドを行っている。EC利用者は身体に合う洋服や身体の特徴など、最短1分の簡単なアンケートに答えるだけで、メジャーで測ることなく自分に合ったおすすめのサイズを確認することができる。

ファッションブランド「FABIA」

 オットージャパンは、世界20ヵ国123社を展開する通販企業「オットーグループ」のひとつだ。オットージャパンが運営するファッションブランド「FABIA」(http://www.fabia.jp)は、トレンドを意識しつつも、自分らしいスタイリングでファッションを楽しむ30代の女性をターゲットにサービスを展開している。

unisizeの今後の展望

 unisizeは、ユーザーがオンラインストア上で買物する際のサイズに関する不安、悩みを、ユーザーの手間なく解決したいという思いのもと開発に至った。今回オットージャパンが運営するオンラインストア「FABIA」にunisizeを導入することで、より多くのユーザーに手軽に身体に合ったサイズの商品を買物することが可能となった。サイズが合わないなどの返品・交換の手間が省けるこのサービスの利用により、「FABIA」ユーザーの満足度が高まることに期待したい。

カテゴリーごとに学ぶ