スマホEC

2016/10/09

生産者直送で家庭へ、売り場体感型鮮魚ショッピングモールスマートフォンアプリ「UOICHI」リリース

生産者直送で家庭へ、売り場体感型鮮魚ショッピングモールスマートフォンアプリ「UOICHI」リリース

 システム開発・スマートフォンアプリ開発を手がける株式会社SIエージェンシーは、魚市場を再現した画面で、全国各地の鮮魚・地魚を一尾から誰でも購入することができる鮮魚ショッピングアプリ「UOICHI」の、iPhone・Android向けのアプリをリリースしたと発表した。(UOICHIサービスページ https://www.uoichi.today/)

UOICHIについて

 UOICHIは、魚市場さながらの画面で全国各地の鮮魚・地魚を一尾から誰でも購入することができる日本で数少ない鮮魚ショッピングモールスマートフォンアプリだ。

 従来サービスとUOICHIの違いは、従来は法人・飲食店向けの販売サービスが多く、一般消費者へはセット販売や入荷次第の配送といったある程度決められた方法での販売がメインだったが、UOICHIは、個人・法人に関係無く、誰でも一尾から画面にある好きな鮮魚を購入することが可能となった。 

 また、一般的には、あらかじめ準備された商品画像一覧から注文を行う方法だったが、UOICHIは、その日の店頭の売り場写真がそのまま注文画面となっていて、実際の市場で欲しい魚を指差しで買い物をするような臨場感を楽しみながら注文することができる。

 その日の朝に水揚げされた鮮魚を届けるため、注文受付はアプリの売り場画面が開いている時間に限られる。また魚種によるが、三枚おろし、ウロコ内臓処理、から開けなど、加工方法リストから選択して、下準備をしてからの発送も可能だ。魚料理が得意ではない人も、気軽に魚料理に挑戦できるだろう。注文受付後即座に各販売店・鮮魚店から配送を行い、最短で翌日に手元に届けられる。

UOICHI出店者のメリット 

 出店者は最小限の金銭的・作業的負担で、対面販売だけではリーチできない全国の消費者に地元の鮮魚を届けることができる。月額固定費ゼロで、商品の売り場を写真撮影し、魚種・価格などを指定するだけの出品システムが導入されているため、簡単に商品を出品することができる。注文受付後は、注文伝票や発送伝票、納品書、商品毎のレシピ等が自動でプリントでき、また、梱包開始から発送完了まで、iPadで「バーコードを2回撮影、商品数・梱包数確定のための数タップ」と作業は至って簡単だ。(出店、販売案内ページ https://www.uoichi.today/participant/)

 鮮魚だけでなく、農業や食を提供する生産者を含め、多くの生産者が無理なく、住み慣れた土地を離れることなく、簡単に販売を行うことが出来るこのシステムが広く普及することに期待したい。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!