越境EC

2016/10/07

越境ECを行うTokyo Otaku Mode、北米向けに日本のお菓子の販売および定期購入サービスを開始

越境ECを行うTokyo Otaku Mode、北米向けに日本のお菓子の販売および定期購入サービスを開始

  Tokyo Otaku Mode Inc.は、米国時間の2016年10月1日から、北米向けに日本製菓子の販売および定期購入サービス(https://otakumode.com/shop/subscriptions/snacks)を開始した。定期購入サービスは月額制。3つのプランがあり、日本でおなじみのお菓子が毎月一度、届くようになる。プランは、月額$12〜$35、お菓子の種類は4種類〜12種類となっている。訪日外国人が土産として買っていく抹茶味のお菓子などが、帰国後も継続して楽しめるようになる。

 Tokyo Otaku Mode は、運営する海外向けEコマースサイト「Tokyo Otaku Mode Premium Shop」を通じ、日本のアニメや漫画などに関連するグッズを正規流通で海外に向けて販売しており、すでに世界120カ国以上へ配送実績がある。日本のお菓子は海外から高い人気があるが、海外で入手が難しく、ユーザーからの要望が多かったという。

 Tokyo Otaku Modeは、お菓子の定期購入サービスの開始に先立ち、すでに同サービスを運営し、北米で7万個の配送実績があるSkoshbox,Inc.を100%子会社化した。子会社化により、Skoshboxが持つ定期購入サービスのノウハウを取り込み、倉庫や物流網の共通化による効率化や、共同マーケティングなどを進め、定期販売型のサービスを拡大していくという。

カテゴリーごとに学ぶ