越境EC

2016/09/26

らでぃっしゅぼーやが越境ECの商品調達や物流でNTTドコモと協力

らでぃっしゅぼーやが越境ECの商品調達や物流でNTTドコモと協力

 らでぃっしゅぼーや株式会社(以下、「らでぃっしゅぼーや」)は26日、親会社である株式会社NTTドコモが、中国の通信事業社China Mobile Communications Corporationの運営するインターネット通販サイト「和生活」の中に、日本の商品を取り扱う専用ページを開設したことを受け、商品調達業務や物流業務などで連携し、中国のユーザーをターゲットとした新たなサービスの提供をスタートすると発表した。らでぃっしゅぼーやが越境EC関連事業に携わるのはこれが3例目となる。

化粧品や日用品、伝統工芸品なども

 商品調達はらでぃっしゅぼーや以外にも、日本の大手メーカーや地域メーカーなど、14社のパートナー企業から、中国のユーザーに好まれる日本の伝統工芸品や化粧品、日用品などを幅広く調達し、提供していくという。また、サービス開始後もパートナー企業は募集していく。

 これまでらでぃっしゅぼーやは、2015年8月に中国上海市の株式会社bolomeのネットライブ販売に参加、物流業務受託と並行して、お菓子や日用品を販売した実績がある。また、同年10月には香港の通販サイトHKTVmallへ生鮮食品を中心とした卸事業を実施するなど、越境EC事業に積極的に参画してきた。今回の事業においては、中国政府が設置する中国国内の越境EC総合試験区を活用し、商品の保管や発送を行っていく予定だという。中国政府が越境ECに対して積極的な姿勢を見せていることもあり、今後もますます活発化しそうだ。

中国の越境ECの市場規模は約1兆円

 経済産業省の実施した「平成27年度電子商取引に関する市場調査」によると、日本から中国への越境ECの市場規模は2016年に1兆円を超え、2019年には2.3兆円に達する見通しだという。日本における中国人観光客の「爆買い」が一段落し、日本に行かずとも中国から気に入った日本の商品を購入したいというニーズが高まっているという。日本国内での売上拡大に翳りが見えてきた中で、海外のニーズをいかに捉えられるかが注目される。

カテゴリーごとに学ぶ