CtoC

2016/09/21

「らくらくメルカリ便」の取扱いをサークルKとサンクス店舗へ拡大

「らくらくメルカリ便」の取扱いをサークルKとサンクス店舗へ拡大

 株式会社ファミリーマートと株式会社メルカリ、ヤマト運輸株式会社は、メルカリとヤマト運輸が連携して提供するフリマアプリ「メルカリ」で出品した荷物の発送サービス「らくらくメルカリ便」の受付を、全国約6,300店のサークルKとサンクス店舗で開始することを発表した。

 メルカリとヤマト運輸は、昨年4月1日より、システム連携による配送サービス「らくらくメルカリ便」を開始した。メルカリを利用する際の配送にかかる手間を大幅に解消できることに加え、匿名配送の導入や本年3月からは全国のファミリーマート店舗で受付を始めるなど、メルカリユーザーの利便性向上に努めている。一方、インターネットを介する個人間取引市場の拡大をうけ、多くのユーザーからさらなる発送窓口の拡大を望む声があり、今回取扱い店舗をサークルKとサンクスに拡大するに至った。コンビニエンスストアにおける発送窓口がファミリーマート店舗も含めて全国約18,000店となり、個人間取引がますます便利になるだろう。

サークルKとサンクス店舗で利用できる「らくらくメルカリ便」の配送サービス

宅急便(サイズ:3辺合計160cmまで、重量:25kgまで)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/takkyubin/takkyu.html

宅急便コンパクト(サイズ:専用BOXの場合 25cm×20cm×5cm(外寸)まで、専用薄型BOXの場合 24.8cm×34cm(外寸)まで、重量:制限なし)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/compact/compact.html

ネコポス(サイズ:22.8cm×31.2cm×2.5cmまで、重量:1kgまで)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/nekoposu/nekoposu.html

カテゴリーごとに学ぶ