決済

2016/08/18

BASEのID型決済サービス「PAY ID」の登録ID件数、1.5カ月で10万件を突破

BASEのID型決済サービス「PAY ID」の登録ID件数、1.5カ月で10万件を突破

 BASE株式会社が運営する オンライン決済サービス「PAY.JP(ペイドット ジェーピー)」の、購入者向けID型決済サービス「PAY ID」登録ID件数が、サービス開始から1.5カ月で10万件を突破した。

 「PAY ID」は、2016年6月の提供開始以来、同社提供のEコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」の店舗を中心に、20万を超えるECサイトおよびWebサービスに導入されている。導入店舗の増加が、短期間での購入者登録ID件数増加につながった。

 今後BASEをでは「PAY ID」を、オンラインでお金を簡単に支払う手段としてだけでなく、インターネット環境下で自分自身を証明するIDとすることを目指すという。

 また9月5日には、「PAY.JP」および「PAY ID」の目指すこれからの決済の世界観とサービスの展望、そして事業者様向けの新プランを発表する「PAY Conference #00」を開催する。


「PAY Conference #00」概要

開催日:2016年9月5日(月) 19時30分〜21時30分(19時開場)
対象:エンジニアおよびオンライン決済の導入を検討している事業者
参加費:無料
申込URL:http://connpass.com/event/37700/
 

カテゴリーごとに学ぶ