instagram

2016/08/18

段ボールに商品を詰めて送るだけで、インスタグラム開始用の初期アカウント設定が完了するサービスをタグピク社が開始

段ボールに商品を詰めて送るだけで、インスタグラム開始用の初期アカウント設定が完了するサービスをタグピク社が開始

 日本国内及びアジア圏のインスタグラマー1,700名を束ねるインスタグラムPR専業のタグピク株式会社は、大手ブランド向けのアカウント構築支援に加え、中堅企業のファッションやライフスタイル商品のブランド向けに、インスタグラムアカウントの写真運用代行のサービスを開始した。(Sample)IROYA Instagram新規アカウント https://www.instagram.com/iroza.jp

「段ボールソリューション」開始の背景

 インスタグラマーなどのインフルエンサー・キャスティングの専業会社のタグピク社は、主にインスタグラムのブランディング支援を行っているが、企業が開設するインスタグラムのアカウントには、インスタグラムユーザーが求めている世界観に全く沿わない、ECサイト掲載用に撮影したようなインスタグラム映えしないような写真のクオリティが低いものが多数存在している。

 ブランドのクオリティ管理以外にも、グローバル対応できるマーケティング人材が不足していることから、インスタグラムの運用において不可欠な英語の#タグがしっかりと付与されていないケースなど、インスタグラム運用について多くの企業が様々な悩みと運用のハードルを抱えている状況にある。

 そんな中、タグピク社は、これまで国内外の大手食品やアパレルブランドのクライアント案件を数多く抱えており、そこで得たアカウント運用の知見とノウハウを生かし、中堅企業向けのソリューションを協力企業と構築した。

 現在、インスタグラムの企業アカウントは、1万社を突破したといわれているが、タグピク社としては、インスタグラムを活用したマーケティングに注力する企業は、今後増加することを見越しており、2、3年で3~5万社程度のアカウントが構築されるものとみている。

 また、インスタグラムにユーザーと企業が直接コンタクトを取ることができる「ビジネスプロフィール」機能が導入されたことにより、今後中堅企業によるインスタグラムの販促活動が活発化することが見込まれる。

 企業がインスタグラムの美しい世界観を壊さないようにインスタグラムの運用や広告プロモーションを行うことが、企業やサービスへのファン構築やユーザーの離反を防ぐためにも非常に重要となることから、タグピク社がブランディングを兼ねたインスタグラムの活用方法をより多くの企業に提供することで、中堅企業の参入ハードルを少しでも下げようと、このサービスにいたった。

「段ボールソリューション」概要について

 初期アカウント構築パッケージ(9枚)は 価格が30万円で、納期は約1ヶ月だ。納品物の内容は、写真9枚、#タグのリサーチ、インスタグラムアカウントの初期設定(写真投稿、#タグの付与)、インスタグラム運用マニュアル(カメラマン費用、簡易スタジオ代金含む。)となっている。
 翌月以降からの運用代行パッケージについては、価格は月額・40万円(週2回投稿・10枚)と月額・60万円(週4回投稿・20枚)の2種類がある。納品物は写真データ、運用代行(投稿、監視、コメント返信)となっている。

 オーダーメイドプラン(ハイブランド向け)は価格が月額・100万円から(1回200万円から)で、納品物は上記のプランとは別に、コンセプトメイキング、撮影カット/テイストのすり合わせ、撮影シーン・カメラマンなど(スタイリスト、フードコーディネーター)の選定、被写体モデルの選定となっている。対象企業は高級ファッションブランド、食品ブランド、自動車メーカーなどだ。その他ハイクオリティの動画をセットとしたプランの用意もある。

 オプションプラン(インスタグラマー投稿パッケージ)もあり、価格は月額80万円からで、納品物は上記の初期アカウント構築パッケージと運用代行パッケージのプランに加え、毎週2枚(月10枚)を、インスタグラマー2、3名(フォロワー数によって人数と単価は前後)で投稿する内容となっている。

モール運営企業向け「段ボールソリューション」導入コンサルティング

 価格は月額・30万円から300万円(導入テナント企業数に応じた従量制)でキャンペーン中は月額・10万円からだ。ECモールのテナント企業に向けたインスタグラムアカウント運用導入促進の支援(個社別の対応、導入セミナー)を行っていく。

カテゴリーごとに学ぶ