最新EC・ネットショップ情報

2016/07/27

無印良品のスマホアプリ「MUJI passport」が国内700万DL突破!香港版リリースも

無印良品のスマホアプリ「MUJI passport」が国内700万DL突破!香港版リリースも

 株式会社良品計画は25日、2013年5月に国内でスタートした無料スマートフォンアプリ「MUJI passport」が700万DLを突破したと発表。また、2015年5月の中国版、同年12月の台湾版に続き、8月1日から「MUJI passport」の香港版がスタートすることを公表した。

香港版MUJI passportとは

 香港版も日本版と同様、商品購入はもちろん、店舗チェックインや商品へのコメント投稿などが可能で、それらの活動で貯めた「MUJIマイル」は買い物で使える「MUJIポイント」に交換が可能だ。また、店舗の商品在庫表示や店舗検索などの基本的な機能はもちろん、ニュース機能なども備わっている。さらに、「初回ダウンロードボーナス」として、8月1日〜8月31日の期間中に香港版「MUJI passport」を初回ダウンロードすれば、500MUJIマイルをプレゼントするという特典もあるとのこと。無印良品は、今後も他の国や地域へ順次導入していく予定だということだ。

記事型コンテンツで販売促進

 2012年頃から、記事コンテンツで集客を図り、購入まで結びつけるEC新時代ともいえる時代が到来している。今年5月にメディア型ECモール「kabukiペディア」の提供をスタートした株式会社KABUKIは商品ページを自動でキュレーション型メディアに変換し、簡単にメディアECを構築することが可能にするなど、記事コンテンツの販売力の高さに注目が集まっている。こうした動きは、国内に留まらず、中国ではモバイル特化型の越境ECアプリ、アメリカでは「Thrilist」というアプリが同様に展開している。こうした流れを踏まえてか、「MUJI passport」では、その時一押ししている商品のストーリーをこまかに説明したニュース記事を掲載するなど、ニュース機能が一番目につく場所に配置されている。無印商品ならではの商品へのこだわりを伝えることで、いかに購入に繋げることができるのか、今後の動向に注目だ。

カテゴリーごとに学ぶ