ECCUBE

2016/06/30

EC-CUBE、機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース

EC-CUBE、機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース

 株式会社ロックオンは、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版(試用版)を2016年6月30日にリリースした。

 EC-CUBEの最新版 EC-CUBE 3.0系は、「全てがECにつながる世界を」をコンセプトに、EC-CUBE上で様々なサービスが利用できるプラグインにより各種連携を強化してきた。これまでのプラグインはEC-CUBEのサイト上に機能を追加するのが主な役割であったのに対し、「API機能」では、ユーザー権限の認証を通して外部からEC-CUBEのデータ(商品データ、顧客データ、受注データ等)にアクセスすることが可能となる。これにより、基幹システムとの商品情報連動や、モールやリアル店舗との在庫連動、顧客管理CRM・会計ソフトといった管理系サービスの連携、その他IoTへの連携等含め、これまでのEC-CUBEでは実現が難しかった様々な外部連携への可能性が広がることが期待できる。

 今後、本機能はユーザー様からのご意見を踏まえ、さらに使いやすく、セキュリティも強固にした正式版として2016年12月にリリースする予定だという。また、2016年1月にリリースした「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」も「API機能」に対応したバージョンアップを予定している。

API 機能について

「API機能」のβ版はEC-CUBE 3.0系用プラグインとして、既存のEC-CUBE 3.0系サイトの開発環境で試すことが可能。「API機能」では、EC-CUBE内、各種テーブルの操作(商品、在庫、顧客等データの閲覧、更新、追加)が可能になる。「API機能」はセキュリティ対策として、各種テーブル操作はテーブルに応じたユーザー権限の認証が確立しない限り実行できないよう設計されている。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!