Amazon

2016/06/26

Amazonの買取サービスが再開。家電製品などの大型商品も。

Amazonの買取サービスが再開。家電製品などの大型商品も。

 総合オンラインショッピングストアのAmazon.co.jp(以下、「アマゾン」)は23日、株式会社リコマース(以下、「リコマース社」)、および株式会社マーケットエンタープライズ(以下、「マーケットエンタープライズ社」)と連携して、「買取サービス」を再開すると発表した。

以前の「買取サービス」との変更点は

 アマゾンの買取サービスの再開に伴う変更点として、従来の本、DVD、CDなどの取り扱いはもちろんのこと、追加でテレビやキッチン家電などの家電製品や、カー用品、ゴルフ用品、家具など大型商品の出張買取も依頼できるようになったことが挙げられる。尚、小型商品向け宅配買取はリコマース社が、大型商品向け出張買取サービスはマーケットエンタープライズ社が提供するという。

 小型商品向けの宅配買取の特徴としては、無料の宅配キットを取り寄せ、1点から買取申込が可能となっており、自分で段ボールを用意するという手間や、買取業者へ持ち込むという手間もなく利用することができる。一方、新たに追加された大型商品向けの出張買取では、ウェブサイト上で買取希望商品の情報を入力することで、事前査定を行い、概算金額を知ることができる。その概算金額を事前に知った上で、買取を希望する場合は、希望の訪問日時に買取業者が集荷に訪れる仕組みだ。小型商品、大型商品いずれも買取金額の支払いはAmazonギフト券で行われ、アカウント登録されているメールアドレスにギフト券コードが送られる。

拡大する中古品市場への展開の行方は

 CtoC取引が盛んに行われるようになってきている近年、中古品への抵抗感が軽減され、市場自体がより一層、活性化されることが期待される。その市場規模はおよそ1.5兆円にも及び、多くの企業が既に市場に展開している中、他企業とどのように差別化し、アマゾンならではの強みを活かしつつ、顧客により沿ったサービス展開ができるのか。今後に注目だ。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!