越境EC

2016/06/12

海外向けEC事業者に朗報!解約率0.5%の通販売上向上ツール「スマイルツールズ」の台湾版をリリース

 単品通販企業を中心にウェブマーケティング事業を展開するアンダス株式会社(以下、「アンダス」)と研究開発 型のウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(以下、「ペンシル」)は10日、台湾向け単品リ ピート通販専用売上向上ツール「スマイルツールズ 台湾」を共同開発し、提供をスタートさせたと発表した。日本国内で多数の導入実績があり解約率0.5%を誇るスマイルツールズを台湾版にローカライズし、リピート通販が浸透していない台湾において新たにリピート通販文化の創造を目指すとともに、アジア地域への進出支援サービスを強化していくという。

スマイルツールズとは?

 アンダスが2004年から培ってきたWEBコンサルティングのノウハウがつまったシステムのことで、広告媒体の効果測定やランディングページの最適化、リピートを生むためのステップメールの自動配信など、新規顧客をリピート顧客にするための機能がひとつのパッケージになっている。今回新たにリリースされた台湾版の特徴としては、「日本に法人を置いたまま海外消費者に商品を提供する越境EC型」と、「海外に現地法人を設立して販売拡大を図る海外現地EC型」の両方に対応可能であることが挙げられる。多くの単品リピート通販向けシステムとは異なり、企業ニーズに応じてカスタマイズができ、価格も日本国内同様、月額95,000円(税抜)から提供される。

今後の展望は

 今回、「アンダス」と「ペンシル」という2社が共同で「スマイルツールズ台湾」を開発することにより、台湾におけるウェブマーケティングノウハウをしっかりと反映されているのはもちろんのこと、コンサルティング会社同士がコンサルティングを行う現場の中で必要と判断する機能だけを凝縮したシンプルで使い易いツールであることが強みのひとつとなっている。両者はこのツールを2017年6月までにEC事業者30社への導入を目指すとし、将来的には台湾だけでなく、タイやインドネシアなど、EC事業の成長が期待されるアジア地域やアフリカ地域でも実施して、各国の特性を反映したシステム構築に取り組むという。国内EC事業者の海外進出をサポートする期待のツールだ。

カテゴリーごとに学ぶ