資金調達

2016/05/31

ファッション業界向けBtoBマーケットプレイス「TERMINAL ORDER」が総額1億円の第三者割当増資を実施

ファッション業界向けBtoBマーケットプレイス「TERMINAL ORDER」が総額1億円の第三者割当増資を実施

 ファッション業界向けBtoBマーケットプレイスを提供するターミナル株式会社は、株式会社ベクトル、株式会社オークファン他を割当先とする総額1億円の第三者割当増資を実施した。


「TERMINAL ORDER」とは

 ファッション業界向けBtoBマーケットプレイスとして2014年よりサービスを開始。新作発表を行う展示会業務の効率化を足がかりに、企業間取引のEC化による事業改善、マーケットプレイス提供によるオンラインPR支援など業務領域の拡大を推し進め、サービス提供開始から1年半を経た現在、170ブランド、5,000バイヤーが利用し、2016年5月末日時点で流通総額が100億円を突破した。
 
URL : https://terminal-order.com/

資金調達の目的と今後の事業展開

 ターミナル株式会社によると、2016年内に新たな事業領域として、企業間取引の売掛の保証、請求代行、一時的な資金需要を解決する融資等、経済的支援をするなど、FinTech領域への進出を予定している。
 金融機関・決済事業者との提携により、TERMINAL ORDER内の取引データを活用したトランザクションレンディングを始めとするサービスを提供し、2020年までに1,000億円規模のFinTech事業を展開する予定。
 また、2015年から開始をしている海外展開支援の事業領域も拡大し、国内ブランドの海外展開、海外ブランドの国内進出についての支援を強化する。バイヤーページにおいても英語以外の多言語対応を目指し、海外拠点の設立等を予定しており、2017年度の海外バイヤーへの流通総額は40億円を目標に置く。事業領域の拡大に伴い、年内に導入ブランド数は350、利用バイヤー10,000人(うち海外バイヤー1,000人)を見込んでいるという。

カテゴリーごとに学ぶ