レコメンドエンジン

2016/05/24

ネットモール対応自動更新レコメンド表示システム「レコ作!」をリリース

ネットモール対応自動更新レコメンド表示システム「レコ作!」をリリース

 イー・エム・エー株式会社はモール対応の自動更新レコメンド表示システム「レコ作!」をリリースした。ネットショップのページ更新の手間を削減し、来店したユーザーにおすすめしたい商品を自動表示する。あらかじめ用意された標準デザインの他に、テンプレートエンジン「Twig」を利用してデザインを自由にカスタマイズする機能も搭載しており、アイデア次第で様々な見せ方が可能となる。

開発の経緯

 最近のネットショップでは、サイト内の回遊率を上げることが売上アップのテクニックの一つとなっている。そのため大手ECサイトでは関連商品やおすすめ商品の表示をする手法が多く使われている。
  大手ネットモールで商品ページへ関連商品の表示を行うには、モール標準搭載のシステムまたは出店店舗がHTMLを作成して一つ一つ更新する必要がある。しかしモール標準のシステムは、デザインや表示位置も数パターンしか用意されておらず、また表示される商品は店舗がコントロールすることはできないため、店舗がアピールしたい商品とかけ離れていることも多かった。
 また、店舗が独自に関連商品のHTMLを作成し、自由な表示を行った場合でも、商品の価格調整や在庫切れ等の情報の変更があった場合、膨大な更新作業が必要となり、場合によっては販売機会の損失が起こっていた。
  そこで、あらかじめHTMLタグを設置しておけばシステムが指定の条件で商品を抽出し、自動更新するというシステムを開発したという。
 
 「レコ作!」では、ヤフオク、Yahoo!ショッピング各モールAPIと連携し、あらかじめ指定された条件で商品を抽出して、デザインテンプレートに従いWEBページ上に表示を行えるようになる。
 
 

カテゴリーごとに学ぶ