越境EC

2016/05/23

トランスコスモス、タイでスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を展開

トランスコスモス、タイでスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を展開

 トランスコスモス株式会社は、子会社のトランスコスモスタイランドを通じ、グランドデザイン株式会社が提供するスマートフォンオムニチャネルプラットフォームGotcha!mall(ガッチャモール)をタイで展開する。
 サービス開始1年以内にタイ国内で100万ユーザーの獲得を目指すという。

タイでの事業展開について

「Gotcha!mall」は、2014年10月のβ版を日本でオープン以降、大規模小売店や有名ブランド等に採用され、スマホから店舗への来店と購買を促すオムニチャネルプラットフォームとして急拡大し続けている。    「Gotcha!mall」はアジア全域の生活者と店舗を結びつけるプラットフォームとして、ASEAN各国、東アジアなどで4,000万ユーザーの獲得を目指して事業展開しており、その中でも特にタイは中核エリアと位置づけている。 トランスコスモスは、トラスンスコスモスタイランドの資本・業務提携先でもある、タイの大手財閥SAHA GROUPとも連携し、タイの総合消費材最大手として多くの企業を保有する同グループのネットワークを生かしながらタイでの展開を加速させる。 またタイのユーザーが他国を訪れた際や他国のユーザーがタイを訪れた際にも「Gotcha!mall」を利用できるように、展開国の拡張と仕組みづくりにも注力する。

「Gotcha!mall」概要と今後の展開について

「Gotcha!mall」は、スマホから店舗への来店と購買を促すオムニチャネルプラットフォーム。コンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、ファーストフードをはじめとした大手小売店や飲食チェーン等で、スマホでクーポンの取得から購買までを完結できるオムニチャネルプラットフォームとして拡張を続けている。
 購買のフックとなるクーポン販促の現状は、データマネジメントに欠如したバラマキ型のクーポンや、効果が不明確なチラシ等によるものが多く、多額の販促費がかけられている一方で、適切なマッチングが行われていないことも多い。 それに対し、「Gotcha!mall」は、独自のゲーミフィケーション、データマネジメントの仕組みにより、ユーザーと店舗の双方に個別最適なクーポンをマッチングしている。
  オンライン広告やチラシ等による誘導策の購買効果が明確ではないという小売店の課題を解決する「購買コンバージョン」モデルを基盤とし、クーポン利用ログやPOSレジとの連動により、費用対効果が明確な店頭購買促進を可能とする。 「Gotcha!mall」は日本のみならず、ASEAN各国、中国、台湾などでも統一的なUI/UXを順次拡張展開していく。
 

カテゴリーごとに学ぶ