海外EC・ネットショップ情報

2016/05/19

海外ECの価格情報を保有するインドDataWeave社とオークファンがデータ連携を開始

 ショッピング・オークション一括検索・比較サイトを運営するオークファンは、インドをはじめ海外各国のEC価格情報を保有するDataWeave Private Ltd社とデータ連携を開始した。

 DataWeaveはインドのバンガロールに主要拠点を持ち、「Price weave」という分析ツールを各国の法人顧客向けに展開している。Price Weaveはインド・インドネシア・マレーシア・シンガポール・タイ・アメリカ・ベトナムなど多くの国のEC価格情報を保有しており、広く導入実績がある。
 今回のデータ連携により、DataWeaveが保有する10億 商品のEC価格情報を、オークファンの法人顧客に提供することが可能となる。

 個人事業、中小企業向けには、既に展開する「オークファンPRO」に海外データを追加することで、国際的な輸出入の促進、より幅広い商材の個人貿易が可能になる。
 また、大手企業向けには、グローバルに展開する化粧品、家電、アパレル等のメーカーや小売業はもちろん、今後海外でEC事業を開始したい顧客に提供することで、EC立ち上げ支援やマーケティング支援していく。オークファンとDataWeaveのデータを掛け合わせることで、北米やASEANのEC上での同一商品の価格情報全体やトレンドを比較分析することができ、多国籍マーケティングが可能となる。

 オークファンが海外の価格情報と連携することにより、法人顧客のグローバル視点での進出戦略の立案に役立ててることが可能になる。さらに、オークファンの持つ機械学習のノウハウを活かし、DataWeaveのデータのマイニングを進めることで、マーケティングオートメーションにおける新たな知見を蓄積することも目指すという。
 

カテゴリーごとに学ぶ