CVR改善

2016/05/10

GMOメイクショップ人工知能を使ったクーポン配信「購入アシスト機能」を提供開始

GMOメイクショップ人工知能を使ったクーポン配信「購入アシスト機能」を提供開始

 GMOメイクショップ株式会社は、ネットショップ構築サービス「MakeShop」のプレミアムプランを利用のネットショップ運営者向けに、「購入アシスト機能」を、提供開始する。「購入アシスト機能」とは購入をためらっているショップ訪問者を人工知能(AI)が検知し、最適なタイミングでクーポンを表示する機能となる。

購入を迷っている瞬間を狙ってクーポン配信

 「購入アシスト機能」は、ショップのニーズに応じて「全ての訪問者にクーポンを表示」または「購入を迷っている訪問者のみにクーポン表示」のどちらかが選択可能。後者の場合、まずショップ訪問者のマウスの動きや速度、閲覧している商品といったユーザーのWeb行動を自動で解析し、3パターンに分類する。
 分類はクーポン表示しても購入率の低い「(1)見ているだけのユーザー」、クーポンがなくても購入する確率の高い「(2)目的買いのユーザー」、「(3)購入をためらっているユーザー」の3パターン。

 分類したのち、割引などのインセンティブによるひと押しが最も有効な「(3)購入をためらっているユーザー」に対してのみクーポンを自動で表示させる仕組み。これにより、ネットショップのロイヤリティを下げることなく、効果的に購入を促進することが可能となる。


タグを貼り付けるだけの簡単導入、複雑なシナリオ設定も不要

 ショップ運営者は、「MakeShop」管理画面の設定ページに、「MakeRepeater」側で発行されたタグを貼り付けるだけで簡単に導入することができる。設定も、割引率や表示期間やデザインのみで、複雑なシナリオ設定やターゲティング設定は不要。

デザインの知識は不要

 クーポンのデザインは「MakeRepeater」管理画面のデザイン編集画面に設置された、エディタ機能で簡単に設定可能。あらかじめ用意しているテンプレートにテキストを入力し、背景の色を変更したり、必要に応じて画像をアップロードしたりするだけで、簡単に好みのデザインに仕上げることができる。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!