物流・在庫管理

2016/04/30

ヤマト運輸が佐川急便や日本郵便と連携。宅配で初の共同配送を開始

ヤマト運輸が佐川急便や日本郵便と連携。宅配で初の共同配送を開始

東京・多摩ニュータウンで開始

 ヤマトホールディングスは4月27日、佐川急便や日本郵便の宅配業務を請け負う新たな取り組みを、東京都多摩市の「多摩ニュータウン」で開始すると発表した。子会社のヤマト運輸が、自社の荷物と他の配送業者の荷物を一括で顧客に届ける。住宅向けに共同配送を行うのは初めて。配送スタッフの確保や、再配達への対策が課題となる中、他社と連携することで物流業務の効率化を図る。 

国交省のモデル事業

 ヤマトホールディングスの取り組みは、国土交通省が推進する「地域を支える持続可能な物流ネットワークの構築に関するモデル事業」の一環。ヤマトホールディングスと独立行政法人都市再生機構、多摩市が連携して取り組む。配送スタッフとして地域住民を積極的に採用するという。

買い物代行なども開始

 ヤマトグループは多摩ニュータウンにおいて、地域住民向けに家事代行サービスを提供するほか、近隣の小売店の商品を当日中に届ける「買い物便」も開始する。営業拠点として、多摩ニュータウン内に「ネコサポステーション」を2カ所開設。宅配ロッカーも設置した。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!