物流・在庫管理

2016/04/26

楽天がドローン配送を開始。第1弾はゴルフ場で

楽天がドローン配送を開始。第1弾はゴルフ場で

軽食や飲み物を配送

 楽天(本社東京都、三木谷浩史代表取締役会長兼社長)は4月25日、ドローンを活用した一般消費者向けの配送サービス「そら楽(そららく)」を5月9日に開始すると発表した。第1弾として、千葉県内のゴルフ場のコース内で、ドローンがゴルフ用品や軽食、飲み物などをコース内の受取所まで届けるサービスを提供する。

 ユーザーはスマートフォンの専用アプリ(Android版)で商品を注文する。サービスの利用時には楽天会員IDでのログインが必要。決済はクレジットカードまたは楽天スーパーポイントが選択可能だ。商品発送の準備開始時とドローンの飛行開始時にプッシュ通知を受け取ることもできる。

 事業者側は、アプリを通じて注文を受けると、専用デポに待機するスタッフが商品を配送用ボックスに梱包し、ドローンの機体に取り付ける。スタッフが専用タブレットの管理画面で発送開始の操作を行うと、ドローンは自律飛行で受取所まで飛行。着陸してから荷物を自動投下(リリース)した後、離陸ポイントに自動で戻る。

専用ドローン「天空」を開発

  今回使用するドローンは、今年3月に楽天が出資した株式会社自律制御システム研究所(本社千葉県、野波健蔵代表取締役社長)が開発した機体を、本サービスの専用ドローン「天空(てんくう)」として開発した。荷物のリリース機能を搭載するとともに、着陸には楽天技術研究所の画像認識技術を活用している。

 「天空」の機体には、自律制御システム研究所による独自開発の国産オートパイロット(AP)が搭載されており、強風時でも高い飛行安定性能を発揮するという。

 サービスの第1弾として、千葉県御宿町のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」で約1カ月間サービスを提供し、利用者の声や運用状況等を分析した上で、今後のサービス継続・拡大や他のゴルフ場でのサービス展開について検討していく。

ECへの活用も視野

 楽天は将来的に、過疎地や山岳地帯での配送、災害時の救援物資の運搬、「楽天市場」をはじめとするeコマース事業において、ドローンを活用することを視野に入れている。今回の配送サービスの実用化により、技術とオペレーションノウハウを蓄積し、さらなる革新的なドローン配送サービスの展開を目指す。

(※画像は「そら楽」のサービスサイトのキャプチャー)

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!