ECパッケージシステム

2016/04/25

ECサイト構築パッケージecbeingコンビニ・郵便局窓口受取サービスと連携

ECサイト構築パッケージecbeingコンビニ・郵便局窓口受取サービスと連携

 株式会社ecbeingと日本郵便は、ecbeing社のECサイト構築パッケージソフトと、日本郵便のコンビニ・郵便局窓口受取サービスとのシステム連携を開始する。両社はこの取り組みにより、相互の営業連携の強化を図り、「EC市場の活性化推進」を目指す。ecbeing社は、コンビニ等受取サービスとシステム連携する初めてのECサイト構築ベンダーとなる。

 ecbeing社のECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」は、1999年の発売以来、大手や中堅企業を中心に2016年3月時点で900サイト以上の導入実績があるECのパッケージシステム。「ecbeing」は業種や業態を問わず、戦略立案から、デジタルマーケティング、サイト制作、システム構築、運用、データセンターまでワンストップで利用できる。

システム連携の背景

 ECサイト等でユーザーが商品をする際、商品の受取場所を選択できるコンビニ等受取サービスは非常に便利だ。しかしEC事業者にとっては、導入コストがかかることや、サービスを開始までに時間を要するなどが大きな障壁となっていた。そのためecbeingとコンビニ等受取サービスをシステム連携させ、ecbeing利用EC事業者が、低コストで簡易にコンビニ等受取サービスを導入することが可能としたという。

 新たな購入方法や受け取り方法の追加は、ECサイトの新規ユーザーを増やすきっかけとなる。しかし中小規模のEC事業者にとって、自社で機能を追加することは容易でない。このようなパッケージソフトに予めシステム連携がされていることは大きなメリットといえる。
 

カテゴリーごとに学ぶ