リサーチ情報

2016/04/13

「ファッションコマース利用動向調査」発表。購入の後押しは「割引クーポン」着用イメージ画像が重要

「ファッションコマース利用動向調査」発表。購入の後押しは「割引クーポン」着用イメージ画像が重要

 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『ファッションコマース利用動向調査』結果の発表した。本調査は、20代~40代の男女602名を対象にしたもの。

                                               
購入の後押しは、6割以上が「割引クーポン」

 ファッションアイテムの購入を迷ったときに、購入の後押しになるものとして、64.0%が「割引クーポン」、51.6%が「ポイント付与」を挙げた。なお、30代男性に限っては、「ポイント付与」が56.2%で、「割引クーポン」の51.7%を上回っている。

20代女性の4割が、「流行アイテムを、ファストファッションでそろえたことがある」

ファッションアイテムに関しての質問では、20代女性の37.6%が「流行アイテムを、ファストファッションでそろえたことがある」ことがわかった。また、33.7%に「不要アイテムを、フリマで売ったことがある(フリマアプリも含む)」、32.7%に「店舗で他の人が見ているアイテムが、魅力的に見えたことがある」や「他の人が所持しているものが欲しくなり、購入したことがある」といった経験があった。

女性の9割が、ネットでは「着用イメージがわかる写真」を重視

ネットでファッションアイテムを探す際、参考にする情報は、女性の89.5%が「着用イメージがわかる写真」、82.2%が「価格の安い順、高い順」、72.8%が「口コミ・レビューの件数や内容」を挙げている。

「提携サイト」認知者の6割は、「提携サイト経由の購入意欲が強い」


クレジットカードのポイントやマイレージカードのマイルが、通常よりも多く貯まる提携サイトを知っている人のうち、59.5%が「提携サイト経由で購入するように心がけている」と回答した。

 この調査によると、クーポンや提携サイトなどのお得感と着用イメージがきちんと持てれば、ネットショップでのファッションアイテムの購入に至るのではないかと考えられる。ファッションカテゴリを持ち、女性ユーザーが多いネットショップ事業者にとって参考にしたい情報だ。

調査の実施概要

調査名:『ファッションコマース利用動向調査』(後編)
調査期間 :2016年3月25日(金)~28日(月)
調査対象 :20代~40代の男女602名
質問項目 :
      ・直近1年以内にファッションアイテムを購入しましたか?
      ・ブランドや品質、デザインなどにこだわりをもって、アイテムを選んでいますか。
      ・直近1年以内に、自身で購入したアイテムを選んでください。
      ・直近1年以内に、アイテムを購入した場所を教えてください。
      ・日常生活のなかで、予定外に新たなアイテムが欲しくなることはありますか。
      ・ネットでアイテムを探す際、どんな情報を参考にすることが多いですか。
      ・アイテムを購入するか迷ったときに、購入への一押しになるものはありますか。
      ・アイテム購入時に経験があることについて、あてはまるものを全て選んでください。
      ・肌着や靴下類を購入する際の傾向について、あてはまるものを選んでください。
      ・クレジットカードのポイントや、マイルなどが通常よりも多く貯まる、提携サイトを知っていますか。
      ・アイテム購入時に、提携サイト経由で購入しようとする意欲は高いですか。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!