最新EC・ネットショップ情報

2016/04/12

DeNAショッピング、ビッグデータ解析を用いた不正注文検知サービス「O-PLUX」を導入

DeNAショッピング、ビッグデータ解析を用いた不正注文検知サービス「O-PLUX」を導入

 ネットショップ事業者向けに、ビッグデータ解析等を用いて詐欺などの不正な注文を検知するサービス「O-PLUX(オープラックス)」を提供している、かっこ株式会社は、株式会社ディー・エヌ・エーが運営する総合ショッピングサイト「DeNAショッピング」において、「O-PLUX」による審査を開始した。

 この審査開始により「DeNAショッピング」出店事業者は不正リスクの高い注文への対応が容易になり、店舗運営コスト削減が期待できる。「O-PLUX」はEC業界で7,000を超えるWebサイト・サービスで導入されており、より幅広い注文データ解析による不正検知の精度向上を見込んでいるという。

不正注文検知サービス「O-PLUX」の特長

 個人情報保護に留意した消費者の氏名などが判別できない取引データを導入企業から取得し、リアルタイム審査で不正取引・未払いによる損失の削減や利益の確保、個別審査にかかる手間や督促に掛かる費用の大幅な削減を可能とするサービス。決済システムを必要とするEC・小売事業者の他、金融機関の決済業務にも対応している。

ビッグデータ解析を用いた不正注文検知サービスでは、人では発見が困難な異常情報を検知できるメリットがある。かっこ株式会社独自の各種住所情報データベースを利用し、短期滞在住所などの高リスク住所を検知することや、O-PLUX利用中の企業全体で、不正者情報を共有しあう等、不正を未然に防止することが期待できる。

 O-PLUX利用中の企業全体で、不正者情報を共有しあうため、加入者が増えれば増えるほどリスク防止の精度も高まる。既に7,000社以上に導入されていることは、これからリスク防止対策に乗り出すネットショップにとって安心できる材料といえるだろう。

カテゴリーごとに学ぶ