物流・在庫管理

2016/04/07

ネクストエンジン、日本郵便と連携強化し、出荷業務の自動化機能を提供開始

ネクストエンジン、日本郵便と連携強化し、出荷業務の自動化機能を提供開始

 ネクストエンジンを運営するHamee株式会社は、日本郵便が提供する「ゆうパック」と連携強化し、ネクストエンジンから、直接ゆうパックの送り状の印刷が可能となるサービスを提供開始した。

 「ネクストエンジン」は「自動化」を旗印に掲げ、大手ショッピングモールと、自社で運営するECサイトの出品・注文・在庫をまとめて管理することができる、登録店舗数 14,000店舗以上のASPサービス。

ゆうパック連携強化の背景

 これまでEC事業者が「ゆうパック」を利用して出荷業務を行う場合、「ゆうパックプリントR」や「Webゆうパックプリント」等の送り状印刷を可能にするサービスを利用し、手作業で出荷ファイルを、ネクストエンジンから出力し取り込む作業が生じていた。そこで、Hameeでは事業者の業務負担削減のためネクストエンジンによる「ゆうパック」自動連携を開発したという。

ゆうパック出荷業務の自動化について

 今回の連携により、ネクストエンジンの利用者はネクストエンジンの画面内から、直接ゆうパックの送り状を印
刷することが可能となる。
 送り状印刷後のネクストエンジン受注伝票画面には、ゆうパックの送り状番号が反映され、購入者に対して、発
送が完了したメールが送り状の番号とともに送信されることで出荷業務の自動化を実現する。

 この連携によりゆうパック利用のネットショップ事業者は、配送周りの負担が減るとともに、配送トラブルの減少にも繋がるだろう。
 

カテゴリーごとに学ぶ