CVR改善

2016/03/12

ローマ字検索でもアイテムがヒット!アピリッツ、検索ASP「Advantage Search」の表記ゆれ対策に新機能

ローマ字検索でもアイテムがヒット!アピリッツ、検索ASP「Advantage Search」の表記ゆれ対策に新機能

 株式会社アピリッツは、ECサイト・コンテンツサイト向けのサイト内検索ASP「Advantage Search」に、誤ってローマ字で検索してもアイテムがヒットする「ローマ字対策機能」をリリースした。


 「ローマ字対策機能」とは

 ECサイトなどで、商品を探そうとサイト内検索をする際、変換忘れで日本語を入力したつもりがローマ字のままで検索してしまう場面を経験した人は多いだろう。しかし日本語は漢字・ひらがな・カタカナ・英数と表記体系の多い言語のため、表記ゆれ対策の難易度が非常に高く、ローマ字で検索した場合0件ヒットになるサイトも少なくない。
 
 そこで「Advantage Search」に、ローマ字のまま検索してもアイテムがヒットする「ローマ字対策機能」をリリースしたという。ローマ字のみで検索した場合はもちろん、ローマ字とひらがなが混在した状態で検索しても、アイテムがヒットする。
今回の機能追加により「Advantage Search」は「ひらがな⇔カタカナ」「大文字⇔小文字」「全角⇔半角」に加え、ローマ字にも対応できるようになったことで、より「表記ゆれに強いサイト内検索」となった。


 「Advantage Search」とは

  ECサイト・コンテンツサイトに最適なサイト内検索ASP。カテゴリや価格など様々な軸での絞り込みや、人気順・価格順などの並べ替え表示、表記ゆれ対策など、ユーザーの検索をサポートする機能を多数搭載している。

特徴

1.様々な候補表示が可能なオートコンプリート機能
オートコンプリート機能とはユーザーが検索窓に文字を入力した際に、候補となるキーワードを検索窓の下部に表示する機能。単一キーワードはもちろん、「パンプス 通勤」のような複合キーワードや商品画像を表示できるので、ユーザーは目的の商品により早くたどり着ける。
 
2.検索ワード(=ユーザーニーズ)の分析や、それを活かせる販促機能を搭載
検索キーワードに応じて、設定しておいたアイテムや特集バナーを表示するといった販促機能を多数搭載している。また、人気キーワードや0件ヒットキーワードはもちろん、検索キーワード毎に詳細遷移数やコンバージョン率を分析できるので「効果があるキーワード」を把握でき、様々な戦略に活かしていける。
 
3.最適化機能
検索キーワードに対し、検索結果を自動最適化することができる。検索キーワード=ユーザーが求めているものなので、よりユーザーのニーズに近い検索結果を表示することができます。また、ユーザーの行動履歴からキーワードとアイテムを自動で紐付けするオートリレーション機能も備えている。
 

タグ:ECコラム

カテゴリーごとに学ぶ