資金調達

2016/03/07

モバイルアプリ向けマーケティングツールのRepro、ジャフコ、VOYAGE VENTURES、個人投資家から総額3億円を資金調達

モバイルアプリ向けマーケティングツールのRepro、ジャフコ、VOYAGE VENTURES、個人投資家から総額3億円を資金調達

モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro(リプロ)」を提供しているRepro株式会社は、株式会社ジャフコ、株式会社VOYAGE VENTURES、個人投資家から総額3億円の第三者割当増資を実施した。

 Reproはアプリの分析からマーケティング施策までワンストップで提供しているグロースハックツール。ファネル分析やリテンション分析などの定量分析機能に加えてユーザーのアプリ内行動を動画として再現する定性分析機能もあり、アプリの課題発見が簡単に行える。さらに、プッシュ通知やアプリ内メッセージ送信などのアプリ内マーケティング機能も充実しており、アプリの定着率やコンバージョン率を高めることもできる。

 
アナリティクス機能とマーケティング機能を連動させた例

 ファネル分析でアプリの中のユーザーの離脱が多い箇所を特定し、そこで離脱したユーザーをワンクリックで抽出し、 プッシュ通知を送りアプリの再利用を促したり、アプリ内メッセージを送り課金を促すこと等ができる。
2015年4月の正式版をリリースより、EC関連、SNS、ゲーム、キュレーションニュースメディアなど様々なジャンルのアプリに導入されている。また、昨年は「B Dash Camp Arena」、「THE BRIDGE Mixer Tokyo」など複数のピッチコンテストで優勝しており、高い評価を受けているサービスとなる。
 
 Reproは今回の資金調達によって開発基盤の増強や人材の採用を行っていくと共に、アプリ成長コンサルティング事業を開始するという。

カテゴリーごとに学ぶ