物流・在庫管理

2016/02/29

日本郵便、荷物受取ロッカーを駅構内やコンビニにも設置へ

日本郵便、荷物受取ロッカーを駅構内やコンビニにも設置へ

 日本郵便株式会社(本社東京都)は2月26日、通販の荷物を一時保管する宅配ロッカー「はこぽす」のサービスを拡充すると発表した。ロッカーの設置場所を郵便局に限らず、駅構内やコンビニ、商業施設などにも広げる。保管対象は通販商品に限定しているが、今後はフリマアプリやオークションサイトの商品も取り扱う。宅配のインフラ整備を進め、消費者の利便性を高める。

 「はこぽす」を開始したのは2015年4月。現在は都内22カ所の郵便局に専用ロッカーを設置している。今後、さまざまな企業や団体と連携し、郵便局以外への設置を広げる方針だ。3月中旬から実証実験として、京王井の頭線の駅6か所に設置する。将来は首都圏以外にも設置を拡大していくという。

フリマやオークションの商品も対象に

  ロッカーに保管する荷物は通販の商品に限定してきたが、3月から「ゆうパック」の再配達商品を対象に加えるほか、4月からはオークションサイト「モバオク」で落札した商品も保管する。9月からはブランドや衣類などの買取サービス「ハグオール」の利用者が、商品の発送に「はこぽす」を使えるようにする。

 将来、日本郵便以外の配送会社の荷物も受け取れるようにするなど、「はこぽす」を外部企業に解放することも検討している。

カテゴリーごとに学ぶ