Yahoo!ショッピング

2016/02/21

「ヤフオク!」、中古車・新車ページを大幅リニューアル!

「ヤフオク!」、中古車・新車ページを大幅リニューアル!

 ヤフー株式会社(以下、「ヤフー」)が運営する日本最大級のインターネットオークションサイト「ヤフオク!」は、17日、自動車の「中古車・新車」カテゴリーを大幅にリニューアルした。具体的には、希望する車を探す際のカテゴリーのデザインが一新され、検索機能が充実したこと、さらに検索結果ページにおいて、出品地域や修復歴などの項目が追加されたこと、そして出品フォームと商品ページにおいて、落札した後に必要となってくる費用などの目安に関する説明が追加されるようになったことなどが挙げられる。

昨年に引き続き中古車販売を強化

 ヤフーは昨年、ライオンネットワーク株式会社と連携し、JAA、HAA神戸がリアルオークション会場などで取り扱う品質評価済みの中古自動車を出品するようになった。これにより、これまで加盟事業者しか購入できなかった中古車を個人でも自由に入札することが可能となり、年間68万台以上にも及ぶJAA、HAA神戸の市場に足を踏み入れることとなった。昨年のこれらのソフト面の改善に続き、今回のリニューアルにおいては、より多くの車の中から自分にピッタリの一台を見つけ出しやすくするためのハード面の強化と言えるだろう。

初心者から車好きまで全ての人がターゲット

 当然のことながら、中古車を購入するのは車好きばかりではない。車のことを全く知らない初心者も多くサイトを訪れる。年間12万台以上が取引され、5分に1台のペースで自動車が売れているといわれている「ヤフオク!」において、さらなる売上拡大を目指すには、そうした顧客となりうる人全てを取り込むことが求められる。検索条件には、ダイレクト検索のほかに、車種や価格、年式、メーカー、ボディタイプなどさまざまな条件から検索できるようになっており、初心者の方でも楽しみながらページを遷移することができる。また、女性による購入が年間1万台を超えるなど、車購入への心理的ハードルが下がってきていることも見受けらるため、女性好みのデザインの車も多く出品され、ページデザインなどもかわいらしく仕上げられている。ありとあらゆる人をターゲットに、どのデバイスからも見やすいページの作りになっていることがとても印象的だ。

カテゴリーごとに学ぶ