Amazon

2016/02/01

Amazon バイヤーを介さず仕入先登録ができる「Amazonベンダーエクスプレス」提供開始

Amazon バイヤーを介さず仕入先登録ができる「Amazonベンダーエクスプレス」提供開始

  Amazonは、本日2016年2月1日(月)より、セルフサービスでAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」(http://vendorexpress.amazon.co.jp)の提供を開始する。


 「Amazonベンダーエクスプレス」は、セルフサービスで商品情報などをオンライン登録し、Amazonのフルフィルメントセンターに送付することにより、登録から発送まで最短1日で、Amazonの仕入先として取引が開始できるサービス。これまでAmazonの仕入先は、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸していた。「Amazonベンダーエクスプレス」の導入により、バイヤーを介することなくオンライン上のセルフサービスで仕入先として登録し、小規模でも簡単にAmazonでビジネスをすることができるようになる。

 「Amazonベンダーエクスプレス」は、Amazon上の類似商品の価格などのビッグデータを活用することにより、商品の卸売価格がオンライン上でわかることが特徴。さらに、Amazonが商品の保管・管理、販売、発送、返品、お客様からの問い合わせなどに対応するため、仕入先が効率的に販路を拡大することが可能となる。また、Amazonへの商品送付は着払いでもいいという。

 Amazonは「地球上で最も豊富な品揃え」「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」をビジョンに掲げており、「Amazonベンダーエクスプレス」を通じてお客様により多くの品揃えを提供することができるようになる。
 
 小規模事業者にとって設備投資が不要で、Amazonの販売力を味方に付けて販売が出来るようになる。このサービスは、既にアメリカでは2014年6月から始まっており、ドイツ、イギリスに続き日本では4カ国目となるという。

カテゴリーごとに学ぶ