自店舗ショップ

2016/01/26

インフォマート、食品卸会社のデータ受注拡大を支援する「BtoBプラットフォーム 受発注 ライト機能」をリリース

インフォマート、食品卸会社のデータ受注拡大を支援する「BtoBプラットフォーム 受発注 ライト機能」をリリース

 株式会社インフォマートは、2015年12月に、食品卸会社のデータ受注拡大を支援する新サービス「BtoBプラットフォーム 受発注 ライト機能」の提供を開始した。

リリースの背景 

 インフォマートは、2003年より外食企業とその取引先である食品卸会社間の日々の受発注業務や伝票処理を電子化する「BtoBプラットフォーム 受発注」のサービスを提供、双方の生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化を実現し、2015年12月時点で、年間システム取引高約1兆2,000億円、約9万事業所が利用するプラットフォームへと拡大させてきた。また、現在ではシステム会社66社の販売管理等79ソフトとデータ連携をしている。

 その結果、外食産業市場におけるシェアは16.4%に上昇、食品卸会社のデータ受注の割合も全体の約2割まで増加し(当社会員企業調べ)、データ受注の利便性が浸透する中、食品卸会社では、電話・FAX受注の大半を占める中小企業や個店からの受注のデータ化のニーズが高まった。また、2017年4月の消費増税、軽減税率制度の導入への対応にもデータ化が必要となっている。

 インフォマートは、ユーザーのこれらののニーズに対応すべく、食品卸会社のデータ受注強化を支援する新サービス「BtoB プラットフォーム 受発注 ライト機能」をリリースしたという。

「BtoB プラットフォーム 受発注 ライト機能」とは 

 食品卸会社が取引先に無料IDを発行することで、取引先はこれまで電話やFAXで行っていた発注業務をパソコン・スマートフォンで簡便に行うことが可能となる。これにより、食品卸会社では、「受注ルートの一本化」「販売管理システムとの連携」「発注マスタ管理」が可能となり、データ受注が普及・拡大するとともに、時間短縮・コスト削減が実現する。

カテゴリーごとに学ぶ