Amazon

2016/01/23

Amazon 出品者向け無料オンライン講座「Amazon出品大学」開講!

Amazon 出品者向け無料オンライン講座「Amazon出品大学」開講!

 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、「Amazon」)は、20日、出品者向けに無料で学べるオンライン講座を開講した。Amazonでビジネスを伸ばすためのコツ、様々な機能の活用方法、新しいサービスの情報などを学ぶ事ができる。各講座はPDFまたは動画で閲覧ができ、新しい講座が随時追加される予定だ。

初心者向けから応用編まで

 Amazon出品大学では、「配送料の設定方法」や「商品画像の白抜き方法」といったAmazonで販売をスタートさせたばかりの初心者向け基礎コースから、「売上促進機能の活用」「購買率を上げる機能を利用しよう」「Amazon出品コーチを利用しよう」など、さらなる売上拡大を目指すベテラン出品者向けの応用コースまで、日本語51講座と英語2講座の計53講座を用意。幅広いニーズに応えた形だ。

 Amazon出品大学は中国、アメリカ、インド、カナダに続き、日本は世界で5番目に提供スタートとなった。日本国内におけるAmazonの販売事業者数は、2015年12月末時点で個人・法人合わせて18万3,000にのぼるという。増え続ける販売事業者が各自で販売スキルの向上を目指し、Amazon側・販売事業者側双方にとってwin-winの関係を目指すのが狙いのようだ。

よく知られる「楽天大学」との違いは

 販売事業者向けのe-ラーニングといえば、楽天の実施している「楽天大学」が思い浮かぶ。「楽天大学」が2014年7月からサービス提供している動画専門講座「楽天大学エックス(RUx)」は、従来授業料が必要であった「楽天大学」の講座を無料で受講することができる。出品者への負担軽減の方向に舵を切る傾向にある楽天。その影響からか、追随する形となった「Amazon出品大学」でも、無料で受講できるe-ラーニングの仕組みを取り入れたようだ。それぞれの企業が講座の内容と質で、どこまでニーズに答えられるのか、その動向から目が離せない。

カテゴリーごとに学ぶ