自店舗ショップ

2016/01/17

ユニクロ初!セミオーダー感覚で作れるメンズジャケットをオンラインストアにて発売開始!

ユニクロ初!セミオーダー感覚で作れるメンズジャケットをオンラインストアにて発売開始!

 ユニクロは12日より、ユニクロ初のセミオーダー感覚で作れるストレッチウールジャケットを、ユニクロオンラインストアにて販売開始した。ユーザーは全2,112通りの組み合わせの中から、それぞれの体型や好みに合わせ、ピッタリの1着を選ぶことができる。価格は税抜14,900円という比較的リーズナブルな価格設定となっており、顧客から注目が集まりそうだ。

ニーズに合わせた購入が可能

 「身幅」「着丈」のサイズを、レギュラーフィットの32パターンとスリムフィットの32パターンの全64パターンから選ぶことができ、さらに「袖丈」も1センチ単位10センチまで調節が可能となっている。カラーバリエーションと合わせると全2,112通りの組み合わせとなっており、これまでの既製品ではサイズが合わなかった人でも、自分好みのジャケットを購入することができる。また、ユニクロの同素材パンツと組み合わせることで、スーツとしての利用もでき、ビジネスやカジュアルなどシーンを問わず、楽しむことができる。

店頭とオンラインストアの連動でサービス向上を実現

 ここで多くの方が疑問に思うのが、「オンラインストアということであればサイズは自分で測らなければならないのか?」ということだ。実は都内8店舗、大阪の2店舗に、採寸や試着のための専門コーナーが設けられており、そこでスーツの関する教育を受けたスタッフが採寸の上、「身幅」「着丈」「袖丈」を記載した名刺大のカードを受け取り、オンラインで購入するという流れになっている。尚、一度採寸すれば2回目以降はデータを再入力することなく、簡単に購入できる。ユニクロは今後、取り扱い店舗を全国の118店舗まで拡大する予定だ。

様々なニーズを取り込む

 ユニクロは既に2015年8月に「セミオーダー感覚で選べるファインクロスシャツ」と題してシャツを税抜き2,990円で販売しており、こちらも1,183通りの選択肢から好みの1着を選べるとあって、多くのユーザーから好評のようだ。今回のジャケットと合わせれば、全身ピッタリサイズの一着がユニクロだけで出来上がることになる。顧客のニーズを逃さない姿勢が見て取れる。

カテゴリーごとに学ぶ