Yahoo!ショッピング

2016/01/15

POSシステムの『タロスPOS』が『Yahoo!ショッピング』とのデータ連動を開始。実店舗との併売が可能に

 POSシステムの『タロスPOS』が『Yahoo!ショッピング』とのデータ連動を開始。実店舗との併売が可能に

小売店向けPOSシステム『タロスPOS』を中心とした店舗ソリューションを展開するコンピュータシステムサービス株式会社は、本日、ヤフー株式会社が提供するインターネットショッピングモール『Yahoo!ショッピング』と『タロスPOS』間でデータ連動が可能になった。
 
 「Yahoo!ショッピング」は、出店無料化などによって出店数、商品数が大幅に増加。流通総額も増加傾向にあり、eコマース市場における存在感が日に日に強まっている。費用を気にせず、「誰でも、無料で、簡単にネットショップを開ける」施策が小売店様の大きな関心を寄せる一方、特に実店舗を運営する小売店様におかれましては店頭業務に加えてEC業務の負担増加が、ECへの参入障壁となっていた。
 
 CSSの『タロスPOS』は、総合リサイクルショップを始め、DVD・本・ゲームなどのメディア販売業、貴金属・高級ブランド買取業、アパレル販売業など全国累計3000店舗以上の導入実績がある。店舗のあらゆる情報を統括するPOSシステムでありながら各種ネットショップを直接制御することで、店舗の在庫管理・商品管理をリアルタイムで一元化、実店舗とECの同時併売を実現した。
 
 CSSは、ECに興味がある小売店様に対し『タロスPOS』の導入で『Yahoo!ショッピング』への出品およびリアル店舗との併売を手軽かつスムーズに展開すべく、小売店様へEC業務改善と売上拡大の提案を進めていく。
 
 利用料は通常月額5,000円(税別)で、導入開始日から3カ月間無料のキャンペーンもあるという。

 

カテゴリーごとに学ぶ