物流・在庫管理

2016/01/09

ネクストエンジン、Amazonマーケットプレイスの「出荷通知報告」自動送信機能。ネットショップの運営負担減へ。

ネクストエンジン、Amazonマーケットプレイスの「出荷通知報告」自動送信機能。ネットショップの運営負担減へ。

 Hamee株式会社が開発・提供するバックヤード支援を中心としたECプラットフォーム「ネクストエンジン」は、Amazonの出品サービス「Amazonマーケットプレイスへ」の出荷通知報告の自動送信に対応した。
 
 通常、Amazonマーケットプレイスで発生した注文は、出品している販売事業者が出荷を行ったタイミングで、Amazonに対し配送の情報とともに出荷完了の通知を行う必要がある。 そして、出荷通知の送信により、配送情報が購入者に送信され、出品者の売上が確定する。

 今回の自動送信対応により、今まで提供していたAmazonマーケットプレイスの注文情報自動取込に加え、出荷完了時の 出荷通知も自動で送信することが可能となった。出荷通知の送信にともなう手間を削減するほか 出荷通知の送信の漏れも防ぐことができる。
 また、従来の手法で出荷通知していた受注の情報を確認し、一括で出荷通知のできる、 「一括注文完了」や、なんらかの理由で金額変更などが生じ、自動送信の対象外となる受注情報を一覧する ことができる「金額不整合確認」などの機能も同時に実装された。

 Amazonマーケットプレイスでは、誰でも手持ちの商品を手軽に出品することができる。商品は、「新品」「再生品」「中古商品」「コレクター商品」の4つのカテゴリーから出品できるため、個人から、法人まで多数の利用者がいる。販売規模が大きくなってくると、今回のネクストエンジンのようなツールを使い、作業の効率化をすることが非常に重要になってくる。
 

カテゴリーごとに学ぶ