楽天市場

2015/12/27

ローソンLoppiで楽天市場の福袋の取り寄せを受付開始

ローソンLoppiで楽天市場の福袋の取り寄せを受付開始

 株式会社ローソン(以下、「ローソン」)は22日、楽天株式会社(以下、「楽天」)と連携し、全国のローソンの店頭に設置されているマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」を活用し、インターネットショッピングモール「楽天市場」で人気のグルメやスイーツをセットにした福袋ならではのお得な商品「楽天市場 2016年福袋」の取り寄せを2016年1月1日(金)〜1月7日(木) の間、数量限定で受け付ると発表した。ローソン店舗と楽天市場がコラボレーションして展開する取り組みの第一弾で、今後、拡大を検討しているという。

うなぎの蒲焼きや、スイートポテトなど幅広い商品を取り扱い

 「楽天市場 2016年福袋」は楽天市場がこれまで開催した「グルメ大賞」や「スイーツグランプリ」などで受賞歴のある人気店舗から厳選された商品がセットになった、オリジナルの福袋となっている。福袋のラインナップは、国産うなぎの蒲焼きや水餃子、ハンバーグなど4店舗の7〜9商品が入った税込5,000円と税込10,000円のグルメ福袋が計1,000セット、そしてスイートポテトや訳ありチーズケーキバー、ずんだもちなど6店舗の和・洋菓子11品が入った税込3,000円のスイーツ福袋が計2,500セットの全3点で、いずれも楽天市場での販売価格よりも、安い価格で提供される。これらの福袋はいずれもローソン店頭の「Loppi」から注文でき、注文者の希望の住所に配送してもらうことができる。これまでインターネットショッピングで食品を購入することに抵抗があった人でも、全国のローソン店頭で気軽に購入できるという利点がある。

コンビニとの連携強化でO2O促進

 ローソンは9月から楽天市場で注文した商品をローソン店頭で受け取ることができる「コンビニ受け取りサービス」を展開している。また、ローソン以外にもセブン&アイがネットショッピングで購入した商品を全国のセブンイレブンでの受け取りを可能にしたomni7をする開設など、各社コンビニとの連携を強化している。コンビニがリアルとネットの世界を結びつけ、O2O促進する足がかりとなることを期待されている。

カテゴリーごとに学ぶ