物流・在庫管理

2015/12/21

ネットショップ向けASP型通販管理システム「助ネコ通販管理システム」がロジザードゼロとのデータ連携を開始

ネットショップ向けASP型通販管理システム「助ネコ通販管理システム」がロジザードゼロとのデータ連携を開始

 ネットショップ向け通販管理システム「助ネコ受注管理システム」を提供する株式会社アクアリーフは、ロジザード株式会社の提供するクラウドWMS(倉庫管理システム/在庫管理システム)、「ロジザードゼロ」とのデータ連携を開始した。
 
 これまで、「ロジザードプラス」とは連携していたが、「ロジザードゼロ」にも対応した。分かりやすさを強みとする受注管理システム「助ネコ」を活用することで、倉庫連携をスピーディーに始めることができる。


「助ネコ通販管理」について

 『助ネコ』は、楽天、Yahoo、Amazon、ポンパレモール、ぐるなび食市場等のショッピングモールや、カートシステムの受注処理の一元管理、在庫数の自動連動ができるネットショップ向けのシステム。問い合わせ管理にも優れ、個人事業主から上場企業まで幅広いユーザーが利用している。


「ロジザードゼロ」について

 「ロジザードゼロ」は、2012年9月に販売を開始したロジザード自社開発のクラウド型倉庫管理システム(WMS)。稼働中の現場数は770、ロジザードの倉庫管理システムを介した出荷件数は年間37,094,136件(2015年9月時点)とWMS業界において圧倒的な実績がある。また、先日11月10日には英語対応を開始し、日英中3言語対応となり、より幅広い領域へのビジネスを展開している。

 販売チャネルが増える中で煩雑になる在庫管理、簡単にわかりやすく、そしてトラブルなく管理をするためにも、このような連携は確実に利用していきたい。


 
 

カテゴリーごとに学ぶ