Amazon

2015/11/19

脅威の1時間配送、Amazonが「Prime Now」を開始

脅威の1時間配送、Amazonが「Prime Now」を開始

 Amazonは、本日11月19日よりAmazonプライム会員向けの新たなサービスとして、午前6時の注文から深夜1時まで、商品を1時間以内にお届けする「Prime Now(プライム ナウ)」を開始した。

 商品数は約18,000点でスマートフォンから注文可能。食品類、水、洗剤やシャンプー、おむつなどの日用品を単品または少量単位で注文できる他、本、おもちゃ、ゲーム関連用品、スポーツ用品などの趣味・嗜好品、プリンターやPC周辺機器、ギフト商品などの幅広い商品が、1時間以内に届く。
サービスは、Amazonプライム会員本人および家族会員、Amazonファミリー会員、Amazon Student会員、または、Amazonプライムの無料体験期間中であれば利用可能。

アマゾン ジャパン株式会社 代表取締役社長ジャスパー・チャンのコメント

「Amazon.co.jpでは、2007年にAmazonプライムを開始して以来、翌日配送サービス、当日配送サービスを順次開始し、迅速な配送サービスの向上に努めてまいりました。Prime Nowは、さらなる迅速な配送サービスを追求した結果実現したプライム会員向けの新たなサービスです。Amazonのビジョンの一つである『地球上でもっともお客様を大切にする企業』を目指す一環として開始いたしました。Prime Nowは、18,000点の品揃えから毎日のお買い物を1時間以内で受取れる新たなショッピング体験となります。東京でのサービス開始を皮切りに、今後多くのプライム会員の皆様にご利用いただけるように、対象エリアを順次拡大してまいります。」

 注文は1回あたり2,500円(税込)以上、商品は1個からでも利用可能。配送時には、GPS機能を使って配送状況を地図上で確認することができる。対象エリアは、世田谷区、目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)より開始し、順次対象エリアを拡げていく予定。

 Amazonプライムが攻めている。昨日の、音楽聴き放題「Prime Music」に続き、今度は1時間以内の配送だ。このまま、プライム会員を一気に増やせるか、また次の一手は何か、EC業界に君臨するAmazonの施策に注目が集まる。

 

カテゴリーごとに学ぶ