Amazon

2015/11/04

初の実店舗「Amazon Books」が米シアトルにオープン!

初の実店舗「Amazon Books」が米シアトルにオープン!

 米Amazonは11月3日、シアトルのショッピングモール「University Village」に、初の実店舗となる「Amazon Books」をオープンしたと発表した。

Amazonならではの店作り

 「Amazon Books」では、他の書店と比較して、Amazonならでは機能をフル活用した店作りが特徴的だ。具体的には、店内で販売されている書籍は5,000冊とやや少ないものの、選書はAmazon.comでの評価をベースとしており、そのほとんどが、四つ星以上の評価を得られている本になっている。又、それぞれの本には、Amazon.comでのレビューを記載したカードが添えられており、Amazon Booksで本を手に取り物色しつつ、後日気が向いたときにAmazon.comでその本を購入するなど、リアルとオンラインを行き来して相乗効果をもたらすつくりとなっている。

 さらに店内を見渡すと、一般的な書店との明らかな違いとして、本以外の商品が多く置かれていることに気づく。店内に設置されたテレビでは、Amazon Fire TVが流れていたり、隅に置かれた居心地の良さそうなソファの横には、雑誌がプリインストールされたFireタブレットが何気なく置かれていたり、電子書籍リーダーの試用ができるコーナーも設置されている。ヘッドホンやスピーカなどのアクセサリーも一通り揃えられていて、一度入れば一日中楽しめる商品ラインナップになっている。

 気になる価格は、Amazon.comと同じ価格となっているので、わざわざオンラインと比較する手間も必要ない。尚、Prime会員は実店舗にて10%の割引が受けられるとのことで、今後ますますPrime会員の増加が期待できそうだ。

 Amazon.comは具体的な今後の展開を明らかにしてはいないが、Amazon Booksの幹部は現地の取材に対し、「これが私たちの唯一の店舗にならないことを望む」とコメントしており、今後更なる店舗の展開も期待できそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ