物流・在庫管理

2015/11/04

約200社のEC事業者が使う「aishipR」 複数ネットショップ一元管理ASP「CROSS MALL(クロスモール)」と連携

約200社のEC事業者が使う「aishipR」 複数ネットショップ一元管理ASP「CROSS MALL(クロスモール)」と連携

 株式会社ロックウェーブが提供する、レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR(アイシップアール)」が、株式会社アイルが提供する複数ネットショップ一元管理ASP「CROSS MALL(クロスモール)」と連携を行った。aishipRで自社ECサイトを運営するEC事業者が、CROSS MALLを利用することで、Amazonや楽天市場といったモール店舗とaishipRでの受注・在庫管理を一元管理することが可能になる。 

連携の背景

 インターネット利用の中心がPCからスマートフォンに移るに従って、スマホ/タブレット/PCに対応したサイトを構築一元構築し、効率的に一元管理・運用ができるレスポンシブデザインへの注目が高まっており、自社ECサイトをレスポンシブデザインで構築するニーズが高まっていた。株式会社ロックウェーブと株式会社アイルの間では、aiship(旧バージョン)とCROSS MALLの連携を行っていたが、新バージョンのaishipRとの連携は行っていなかった。aishipRでレスポンシブECサイトを構築運用しているユーザーの増加と、CROSS MALLを利用したいという要望の高まりを受け、連携を行ったという。

「CROSS MALL」について

 複数ECサイトの在庫や受注などを一元管理できるASPサービス。EC事業者様の複数店舗運営を効率化することが可能。ECサイトのみならず店舗・倉庫・卸の実在庫もトータルで一元管理できる。

「aishipRについて」

 国内唯一のレスポンシブECサイト構築ASP。レスポンシブデザインに特化しており、レスポンシブECサイトをより簡単に、効率よく構築運用が出来る管理画面や、レスポンシブの弱点といわれる表示速度を速くする機能等を備えた次世代のショッピングカートである。スマホ、タブレット、PCでサイト更新を一元管理できるため、少ない手間で、転換率の高いページ作成を実現する。
aishipRでは現在約200社のEC事業者がレスポンシブデザインでの本店ECサイトを運用している。

カテゴリーごとに学ぶ