リピート率向上

2015/11/04

ネットショップユーザの「ほしいっ!」を逃さない。人気商品の売り上げを倍増させる「再販売リクエスト」機能がリリース!

ネットショップユーザの「ほしいっ!」を逃さない。人気商品の売り上げを倍増させる「再販売リクエスト」機能がリリース!

 株式会社システムリサーチが開発販売を行うネットショップ作成・運用クラウドサービス「イージーマイショップ」において、ネットショップユーザの「ほしいっ!」というご要望を自動でキャッチできる機能「再販売リクエスト機能」をリリースした。在庫切れで販売機会を逃した見込顧客に対し再アプローチができ、取りこぼした売り上げの回収に役立つ。

 イージーマイショップでネットショップを作成した店舗の売り上げが好調で、全店舗の流通金額が前年同月比の120%を越え、今期は300%を越える見通し。店舗の露出・売り上げが増えることで、ネットショップでしか購入できない商品を取り扱う店舗は、新商品の販売開始後すぐに完売してしまう事から、「在庫切れ商品に対して、再販売を希望したい」という要望が後を絶たないとのことだった。現状はメールでのやり取りを行っているが、各店舗が個別に応対するのは、業務負担が大きい事から、今回「再販売リクエスト」機能として追加したという。

 「再販売リクエスト」機能を使うと、販売商品の在庫がなくなると同時に商品購入の「カートボタン」が自動的に「再販売リクエスト」ボタンに切り替わり、メールアドレスと名前だけで、メッセージ付きのリクエストを店舗に対し送ることができる。(スマホ対応)
また、リクエスト商品の受付期間を指定した集計ができるので、「○月○日までに○件のリクエストが集まれば再販売を実施」など機能を使った企画を行う事もできる。リストには、リクエスト数やコメント数、コメント一覧が表示され、画面上でのメールアドレスのダイレクトコピーやCSVデータとしてダウンロードが可能。

 対象商品の再入荷後は、データをメール配信ソフトに取り込み、希望者に対し再販売開始のお知らせを一斉配信することで、在庫切れで販売機会を逃した見込顧客に対して再アプローチすることができるので、取りこぼした売り上げの回収に役立つ。イージーマイショップではリクエスト機能をはじめ、年末商戦に向け「海外販売対応」や「定期購入機能」などネットショップの売り上げに貢献する機能提供を引き続き行うという。

 
 ネットショップ運営において、在庫があれば売れていたのに、というのは大きな機会損失だ。しかし、そこで問い合わせをするユーザーの割合は極一部だろう。ユーザーの声を拾いやすくする、再販売リクエスト機能は、運営側にも、ユーザーにもメリットがある。今後は、在庫を追加すると同時に自動で再販売開始のメールを配信する事ができるような機能拡張も予定されているという。この機能追加による売上への影響に注目したい。

カテゴリーごとに学ぶ