Amazon

2015/10/14

Amazon コンビニエンスストア初の即日配送サービス「当日お急ぎ便サービス」を開始

Amazon コンビニエンスストア初の即日配送サービス「当日お急ぎ便サービス」を開始

 Amazon.co.jpは、10月13日より、ファミリーマート店舗において、これまでの「店頭受取」に加え、コンビニエンスストアでは初めてとなる即日配送サービス「当日お急ぎ便サービス」を開始した。

 本サービスにより、顧客は「当日お急ぎ便」(1回あたり514円【税込】)の対象商品を注文後、その日のうちに関東・関西・東海・ 九州地方を中心としたファミリーマート約7,100店舗にて商品を確実に受け取ることが可能となった。(離島など一部を除く)

 併せて本日から同じくファミリーマート約11,200店舗での「店頭受取」において、注文確定後から3日後までに商品をお届けする配送 サービス「お急ぎ便」(1回あたり360円【税込】)も拡充した。

サービスの利用手順

1: Amazon.co.jpにてご希望の商品を選択後、注文画面の“お届け先住所の選択”にて“店舗検索”を行う。
2: 検索結果からご希望のファミリーマート店舗を配送先に指定。
3: “配送方法の選択”または“注文確認”にて「当日お急ぎ便」もしくは「お急ぎ便」を選択。

 なお、Amazon.co.jpの会員制プログラム「Amazonプライム」(年会費3900円【税込】)に入会すると、年間何度でも、追加料金 なしで「当日お急ぎ便」ならびに「お急ぎ便」を利用できる。

 先日、計約6300店を展開する「サークルK」と「サンクス」をファミリーマートブランドに統合することが発表されたばかり。ファミリーマートは今回のAmazon即日配送サービスなど、サービス力を高めて最大手のセブン-イレブン・ジャパンを追いかける方針だという。ネットショッピングの利便性をより高める「当日お急ぎ便サービス」、購入の商品単価によっては、一回あたり514円は割高と感じるが、顧客にどこまで受け入れられ、サービスが浸透するかに注目したい。

 

 

 

 

カテゴリーごとに学ぶ