物流・在庫管理

2015/08/28

Q.在庫が怖くて積めない。在庫が切れて頭打ちする

Q.在庫が怖くて積めない。在庫が切れて頭打ちする

Q.在庫が怖くて積めない。在庫が切れて頭打ちする

 季節商材が多いため在庫を多く積んでしまっては売れ残りのリスクが大きすぎるため思い切って積むことができない。そんなことをやっていると商品がヒットした際にも在庫がすぐに頭打ちになってしまい大きな売上を獲得することができない。

A.季節商材の在庫リスクを軽減するために商材のポートフォリオを見直すことをお勧めします。


 在庫の問題は非常に難しい問題です。1つ解決のために言えるのは季節商材をできる限り排除するという考え方があります。売れ行きが季節によって左右されるというのはそれだけでリスクとなります。できる限りそのリスクを軽減した商材を育てるべきです。
 季節に左右されない商材を軸として据えてそれを補完する形で季節商材を揃えることができれば季節商材によって多少の売れ残りが発生しようとも全体としては十分な利益が確保できますし、一方季節商材が多少在庫の関係で頭打ちになってしまっても季節に左右されない商材が堅調であるならばしっかりと売上を確保することができます。
 まずは季節商材の在庫リスクを軽減するために商材のポートフォリオを見直すことをお勧めします。

authorネットショップスタジオ 代表取締役 桑田 晋一
大学卒業後すぐにネットショップに特化したホームページ制作会社を創業。4年間で200を超えるECサイトを構築。クライアントがネットショップを構築しても売上を上げるのに苦労しているのを見て、ネットショップの運営代行に特化したネットショップスタジオを2010年に創業。
ネットショップスタジオ 代表取締役 桑田 晋一

カテゴリーごとに学ぶ