海外EC・ネットショップ情報

2015/06/04

アリババとアリペイ、アメリカの小売商に新たな販売ルートを提供

 アリババは、アメリカの小売商に対して新たな販売ルートの提供を計画しています。この計画が実現すると、アメリカの小売商は中国の増加を続ける中流階級の巨大マーケットに対して販路が拡大し、アリババはアメリカでの業務拡大ができます。

 アリペイは、アメリカの小売商と中国の消費者が外貨両替に伴う面倒を回避します。中国の消費者は人民元で支払いがしますが、アメリカの会社はアメリカドルを手にできます。もし中国の消費者がSaksから靴を一足買ったとしき、アリペイで決済します。アリペイで決済が完了すれば、購入した靴はアメリカの倉庫から発送されて中国へ送られます。税関検査を終えた後、中国の提携パートナーにより最終的に消費者の元へ届きます。

Tmall Globalのサイト内には5,000を超えるブランドと650を超える販売代理店が入っていますが、その中で売り上げが1,000万元(2億円)を超える店舗はわずか30件にすぎません。そこで、アリババは、アメリカでの地保を着々と固めて知名度も上げてきました。今後の長期に渡る発展の基礎を築いてきて、アメリカのオンラインデパートShoprunner、小売商のBorderfreeとパートナーシップも結んでおり、Shoprunnerの株も所有しています。

 さらに、アリババは10カ月を費やして海外の小売商が中国に出店できる体制を整えてきました。アリババとアリペイは、決済と物流を一体化して納品完了までの時間を短縮できるePassと呼ばれる方案をアメリカの小売商へ推進しています。すでに、Neiman、Saks、Macy’s Inc、Aeropostaleがこの案へ合意して契約を締結しました。

 中国の中流階級に属する人数は2.5億人を超えましたが、今なお増え続けています。これは政府の提唱する消費促進型経済を後押しします。中国の消費者はアリババのオンラインデパートに期待をしているのです。

記事提供 : チャイナ・ドリーム・サポート 代表取締役 橋谷亮
せっかくの商品を日本だけで売るのはもったいない。13億人の巨大市場「中国EC」で10年超のスタッフが経験を重ねた成果の出る販売方法を採用。アリババやタオバオへの出店・運営代行、中国出店コンサルティングをサポートします

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!