SEO

2015/02/02

[海外販売・輸出 171.] ソーシャルメディア - 新しいSEO評価基準

 SEOの評価基準は時代により変化しています。その中でも昨今、SEOの効果を感じるのはソーシャルメディアの評価です。ホームページ内に設置されている「いいね」ボタンが多く押されている場合や「ツイート」が多くされているホームページは上位表示されているようです。

 時代を考えれば当たり前のことです。ソーシャルメディアはユーザーの評価となるので、良いコンテンツは「いいね」を自然に集め情報が拡散されていくはずです。そのため、グーグルなどの検索エンジンがソーシャルメディアの活性度を評価の対象に加えていると考えられます。今後は、ソーシャルメディアで「いいね」を押されるような情報を提供しているホームページの評価が益々、上がるでしょう。

 ソーシャルメディアは良い情報の拡散も速いですが、悪い情報も同じく拡散するのが早いのです。1人のお客様に対して不適切な対応を取ったことがソーシャルメディアで広がり。自社の評判を下げることもあります。しかし、これからのSEO対策は「ソーシャルメディアも意識」していくことが重要です。

 意識するポイントとしては、「お客様のためになる情報発信」を心がけます。自社のお客様のためになる情報は何か を意識しながら、ホームページを運営します。

前田道明氏の書籍 ネットショップで海外に「日本の商品」を売る(専門家プロファイルビジネスブック)[Kindle版] 250円

プロファイル登録専門家
前田 道明(輸出コンサルティング-XREE 代表取締役)
海外向けに50サイト以上・数千点の商品を取扱い世界各国に商品を輸出する。商品の輸出だけでなく特注品の受注獲得なども得意であり、自身の輸出ノウハウを駆使して、少資金でリスクを抑えた輸出アドバイスも実施している。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!