リピート率向上

2013/11/13

レコメン結果で判断する広告集客とリピート施策の事例セミナ

 ネットショップでは、商品説明のほかに、目的別ページやユーザ別ページと新たなページを作っていくことで、ユーザの嗜好性に対応する流れはごく普通のことだ。しかし、ネットショップが増えてきて、同じような商品構成になったり、類似の店舗が増えている。その結果、それぞれの店舗がユーザの嗜好性に合わせたさらなる詳細ページを作ることで、以前よりもユーザの嗜好はもっと多様化してきたといえる。

 こうした最近の傾向に合わせ、嗜好の多様化に対応できる機能としてレコメンデーション機能が着目されている。レコメンデーションはユーザの指向性を把握した上でさらなるおすすめ商品を案内するものであるが、指向性をしっかり把握することで、ディスプレイ広告を使った集客の方向性が変化する。また、メールやカタログを利用したリピート施策にも変化が生まれ、相乗効果でネットショップの活性化につながる。

 こうした成功事例を紹介するセミナをペイジェントが実施する。講師はサイジニア アカウントエグゼクティブ 松本 拓也氏。

大手ECサイトに学ぶ「パーソナライズ接客」&「らくらく運用」の仕組みづくり

日時:11月22日(金) 13:00~15:20(12:30 開場)
会場:渋谷 ヒカリエ 21F セミナールーム(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ)
参加費用: 無料
定員:100名
申込み期限:11月20日(水)24:00

大手ECサイトに学ぶ「パーソナライズ接客」&「らくらく運用」の仕組みづくり

カテゴリーごとに学ぶ