レコメンドエンジン

2011/12/14

ネットプライス、ブレインパッドの総合レコメンドエンジン“Rtoaster”を導入

共同購入サイト運営大手の株式会社ネットプライスは、「ネットプライス」及びモバイルサイト「ちびギャザ」に、株式会社ブレインパッドの統合レコメンドエンジン“Rtoaster(アールトースター)”を導入した。\r\n\r\nネットプライスは、購入申込数に応じて価格が下がる独自の共同購入の仕組みを「ギャザリング」と名付け、国内で初めてギャザリングサービスを開始。同社では、すでにレコメンドエンジンを利用していたが、1週間で商品が続々と新規入荷される同社サイトでは、一般的に行われる関連商品を自動的に計算しておすすめするタイプの自動レコメンドだけでなく、特集コンテンツの顧客それぞれに合わせた表示等も必要だとされており、特にPCサイトよりも表示領域が小さく、提供する情報の選択が難しいモバイルサイトでの適切なバナー提示は、大きな課題の一つだった。\r\n\r\nそこで、PCとモバイルのいずれを問わず、来訪者の流入情報や過去のページ閲覧行動の特徴から表示させたいバナーや特集を自分たちで設定することができる「ルールベースレコメンド」と自動レコメンドとを組み合わせて使うことができる“Rtoaster”が採用された。\r\n\r\n今回の導入によって、「人の経験×機械による自動学習」で商品や特集バナーを常に最適な状態でユーザー個別にレコメンドすることができるようになり、デバイスを問わずユーザーに対しより高度なサービス提供が可能になったとしている。\r\n\r\n【参考】http://www.brainpad.co.jp/case/retail01/index.html\r\n\r\n(編集:ライター 佐々木はる菜)\r\n

カテゴリーごとに学ぶ